2022.12.20

高齢者福祉部門

これから・オーダーメイド

4法人実践報告会

今回は、支援者の勉強会の話になります。

 

四ツ葉会では、職員のスキルアップに繋がる研修も多く実施されており、

 

専門性の高い人材育成に力を入れられていると感じます。

 

 

研修といいますと講師の方から講義を受けるというイメージですが、

 

職員がプレゼンターとなり自身が行っている支援の成果を発表することもあります。

 

 

12月にティールで行った4法人実践報告会では、「自閉症の学習スタイルを踏まえた構造化」というテーマで、

 

実際に“自閉症の学習スタイル”という考え方を基にティールの利用者様を支援したケースを発表しています。

 

(↑発表資料の一部です。)

 

4法人実践報告会は、研修の中でも4つの法人を巻き込んだ大きな研修です。

 

共通テーマで各法人の取り組みを発表し、各法人は発表者のスキルアップや他法人の支援を知ることで

 

モチベーションアップを目的としています。

 

 

報告者や参加者も自身を客観的に振り返ることができ、良い刺激となりました。

 

 

私自身も実践報告会の場で発表したことがあり、自身の成長に繋がる貴重な経験でした。

 

 

recruit

あなたの個性を仕事に活かす

職員ひとりひとりの思いや知識、
得意なこと、やりたいこと、
キャリアプランなどの
個性を尊重し、自分を活かしながら
やりがいを感じられる
施設を目指しています。