フレーム フレーム
  • スライド1
  • スライド2
  • スライド3
  • スライド4
  • スライド5

社会福祉法人 四ツ葉会 障がい福祉部門

NEWS 新着情報

これから オーダーメイド
2019.08.21
スイカ割り
これから オーダーメイド
2019.08.19
中庄夏祭り
活動報告一覧ページへ

ABOUT 私たちのこと

四ツ葉会の障がい福祉部門では、児童発達支援 「れっつ」、日中一時支援「もくもく」、障がい福祉サービス「これから」、就労継続支援B型事業所「オーダーメイド」の4つの事業を行っています。
仲間と過ごすこと、自分で選び自分で決めることへの喜びを感じていただくことで、「元気」な暮らしができるようサービスを提供します。

INTRODUCTION 施設紹介

児童発達支援れっつ中庄

れっつ内装写真

「れっつ中庄」の利用時間は10:00~14:00。昼食も含めたゆとりのあるスケジュールで生活動作に着目した療育を行っています。
スタッフはみな保育士、社会福祉士、児童指導員など資格を有しています。お子様の療育のみならず、ご家族様からの子育てに関する相談もお伺いしながら、お子様の成長をともに実感できる支援に努めます。

児童発達支援
療育プログラム

児童発達支援事業では、2歳位~就学前の児童を対象としています。年齢や生活段階(ライフステージ)に応じて、お子様一人ひとりの将来像をご家族と共にイメージし、丁寧に環境設定を行いながら療育を行います。
個別・グループの活動を通し、できることや得意なことを広げていき、小さなことでも「自分でできた」という達成感や自信に繋げながら、生活スキルや対人スキルの向上、意思表示の修得を目指しています。

個別活動

  • れっつスタッフ
  • 内装写真
  • 内装写真2

どんな情報が本人にとってわかりやすく、気付きが生まれやすいのかを整理するため、お子様の特性や理解の仕方、現時点で配慮が必要な点にアセスメントを行います。 個別活動は一人ひとりの発達の水準や認知の特徴ごとに個別のプログラムをたて、基本的にスタッフと1対1で行います。発達段階や状態により活動内容を変えながら、本人が興味をもって取り組め、達成感を得る事ができるような課題を設定します。苦手な事は細分化しながら挑戦し、小さな喜びを積み重ね、自信に繋げていきます。

個別課題の例

  • 手指の分化(握る、つまむ、破く)
  • 目と手の協応動作(ペグさし、紐通し、型はめ、重ねる、ボタン、ホックの操作)
  • 描くことの基礎(線や形をなぞる、円を描く、色を塗る、点線をなぞる、点から点に線を引く)
  • ハサミの使用や折り紙、マッチングによる構成、弁別、分類、マッチング、描画、製作、絵の完成【パズル】、色形の抽出、同じの理解

グループ活動

  • グループ活動

グループ活動は、個別活動では得られない幅広い対人認知や自我形成、適応行動の獲得を狙いとしています。活動を通して、小集団での行動に慣れ楽しむ、動作模倣、ソーシャルスキルの習得等を積み重ねていきます。具体的には、順番を待つ、道具を共有(貸し借り)する、ルールを守る等の、一人ひとりの目標や支援内容に沿って実施します。
個別活動では活動できるのに他の児童と一緒に活動することが苦手だったり、興味のない活動には参加しづらいといった場合でも、少しずつ積極的に活動に参加できるよう、個別にアプローチします。

活動内容

  • レクレーションや工作
  • 音楽活動
  • 粘土
  • 紙芝居
  • トランポリン
  • 魚釣り
  • 絵画
  • 季節行事 など

設定遊び

  • 芝生の遊び場
  • 楽器のおもちゃ
  • 遊び場遊具

遊びの環境(部屋)を複数用意し、ねらい(目的)によって部屋や時間を設定します。“遊び”という活動を通して、必要なスキルを習得できることを目的としています。
ただ、遊びの時間を過ごすというわけではなく、お子様が主体的に楽しめる活動になるよう設定しているところがポイントです。 「れっつ中庄」には、敷地内に芝生の遊び場があるため、毎日外遊びも実施しています。(雨天時以外)体を思いっきり動かすことで筋力や体幹を鍛え、さらにリラクセーション効果や生活リズム(睡眠や排せつ)が整います。

自由活動で習得できる必要事項

  • 意思伝達の方法や具体的な仕方
  • 言葉
  • 自己選択、自己決定
  • 片づける習慣
  • おもちゃの貸し借り
  • 遊びの誘い方
  • 共感
  • 切り替え、終わり方 など

放課後等デイサービス
療育プログラム

相談シート記入イメージ

小学校から高校生までの就学児を対象としています。一人ひとりに合わせた相談シート(振り返りシート)やワークブック等を利用し、自己理解を深め、状況の整理や表出コミュニケーション力、相談する力、感情コントロール力、ストレスコーピングスキル、リラクセーション方法を習得します。
個別活動が中心ですが、グループ活動も実施し、他者とのコミュニケーション(受容・表出)についても深めていきます。
他にも、感覚統合の視点を取り入れた活動(遊び)を通し、学習への興味や社会性を身につける力に繋げます。
長期休暇中には、クッキングや社会見学、買い物等、ライフスキルを意識した活動も実施します。
グループ活動の設定では、“他者との相互性”に焦点をあて、一人一人の児童の意欲や自発性を高めながら、個別学習では得られない幅広い対人認知や自我形成、適応行動の獲得を狙いとしています。活動を通して、小集団での行動に慣れ楽しむ、動作模倣、ソーシャルスキルの習得等を積み重ねていきます。

保護者様からの声

「お片付け」がどれだけ教えてもできなくて、散らかしっぱなしのわが子でした。
3歳から「れっつ中庄」を利用し始め、しばらくすると「遊び終わったら片づける」という習慣ができ、すんなりと片づけられるようになりました。友達のお家に遊びに行った時もきちんと片づけができたことを褒められ、私まで嬉しくなりました。
その頃から、私自身も変わったと思います。子どものできないところや苦手なことばかりが気になって怒るばかりになっていたんですが、スタッフの方々から利用中の様子を聞くと、意外な一面や得意なことを知ることもできました。
今は市内の幼稚園に通いながら、週1回れっつ中庄を利用しています。わが子の得意な面や頑張っている姿にも気づけるようになり、利用してよかったと感じています。

施設概要

れっつ中庄

児童発達支援 れっつ中庄

事業名
児童発達支援・放課後等デイサービス
定員
10名
電話番号
086-463-5311
事業所番号
3350200311
所在地
岡山県倉敷市中庄2960-1 (げんきむら内)
営業日
月曜日~金曜日 第2・4土曜日
営業時間
10:00~17:30
利用対象の方
児童発達支援・放課後等デイサービスの支給を受けている方
利用料
児童福祉法に基づき、利用料金の1割が自己負担になります。
送迎
ご相談に応じます。
昼食
お弁当をご持参ください。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

障がい福祉サービスに関するお問い合わせは
お電話より受け付けております。
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。

tel

086-462-5100 受付時間 10:00~17:30